お気楽娯楽RPG三昧日記

リアル生活多忙のため、ネット全般最低限で更新休止中ですorz

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝シリーズ

中国の四大奇書の一つである「水滸伝」をファンタジーにアレンジ、
東洋・西洋のスタイル・風俗・文化をミックスし、日本や中国、
中世ヨーロッパの建築や風俗などが混在した結果、独特の世界観となっている。
また、幻想水滸伝ティアクライスを除く全作品は、108人の仲間や、
水滸伝の人物と対応する宿星など共通点があり、同じ世界観であることから、
時代や地域が大きく異なっていても何らかのつながりをシリーズを通して描かれることがある。

このシリーズの醍醐味といえば、宿星を持つ108人の仲間集めであり、
コンプリートの有無で、ストーリーやエンディングに変化が生じる。
メインで仲間になる他は、サブイベントを発生させてることになるが、
別にシナリオが用意されており、シリアスなものから面白いものまで様々な展開が楽しめる。

戦闘は、通常以外に一騎討ちや戦争イベントなどシミュレーションゲーム形式も存在する。
更に、特定の仲間での協力攻撃やサポートメンバーを同行させることで、
戦闘の補助やアイテムなどの恩恵を受けられるのも魅力である。
商標登録について中国との間でトラブルが生じたことでも有名な作品である。

◆幻想水滸伝シリーズ◆
幻想水滸伝 ・幻想水滸伝II (2006年2月PSPでセット販売)
幻想水滸外伝Vol.1 ハルモニアの剣士(PS)
幻想水滸外伝Vol.2 クリスタルバレーの決闘(PS)
幻想水滸伝III(PS2)
幻想水滸伝IV(PS2)
Rhapsodia(PS2)
幻想水滸伝V(PS2)
幻想水滸伝ティアクライス(DS)

◆年表◆
太陽暦307年
幻想水滸伝IV
Rhapsodia

太陽暦448年~450年
幻想水滸伝V

太陽暦453年~457年
幻想水滸伝

太陽暦460年
幻想水滸伝II

太陽暦475年
幻想水滸伝III

幻想水滸伝ティアクライス
旧作の世界観とは異なるもので、百万世界と呼ばれる世界が舞台。
複数の世界が並列して存在しており、それぞれの世界は「トビラ」と「回廊」で繋がる並行世界としている。
複数の世界に同じ名前・姿・性格の人物が存在する。

参考:幻想水滸伝シリーズ公式サイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

電力使用状況&電気予報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

マーケット情報

BOOK OFF Online

ブックオフオンライン

Twitter

右サイドメニュー

お宝部屋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。