お気楽娯楽RPG三昧日記

リアル生活多忙のため、ネット全般最低限で更新休止中ですorz

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄鶏型プレート 基準値:300

雄鶏型プレート(20Fまで出現)

床にはめ込まれた雄鶏型の金属プレートに、文字が刻まれている。
「始まりはバ。愛しき我が子の名をたどれ」

プレートの向こうには、モザイク状に色分けされた床が目に入る。
床のプレートの1つ1つに、文字が刻まれているようだ。
壁に視線を移せば、そこには無数の穴。
……正しい床を踏んで進まないと、矢でも飛んでくる仕掛けなのだろう。
そして、ヒントはあの扉の文字だ。

この床を進まなければ、奥へ行くことはできない。
意を決すると、HANAたちは、1文字ずつ、プレートを飛び移っていく。
B……A……G……I……L……

さて、次の文字はなんだ?


……I……S……K!

Basilisk(バジリスク)。
毒の血液と石化の視線をもつというこの化物は、雄鶏の生んだタマゴから現れるという。
床に埋め込まれた雄鶏のプレートの文句は、バジリスクを表していたのだ。

どうやら無事に、床を越えられたようだ。
ゴール地点の床には、今度は馬の形のプレートがはめ込まれている。

「我が階層より竜が出でて深部へと進み、
 竜の背より牛が出でて深部へと進み、
 牛の背より猿が出でて深部へと進み、
 猿の背より鼠が出でて深部へと進み、
 ただ一匹、その地にたどりついた幸運な鼠のみが宝を得る」

馬、竜、牛、猿、鼠、そして最初の鶏……
出てくる動物たちになにか規則性はあるのだろうか。

気になる文句だが、今すぐに解かなければならない謎ではなさそうだ。
ダンジョン探索の間にゆっくりと考えればいいだろう。

さあ、奥へ進むとしよう。 
謁見の間(21Fより出現)

ダンジョンを進むうち、HANAたちはひとつの部屋にさしかかった。
どうやらここは謁見の間だったらしい。
細長い部屋の奥は一段高くなっており、その上に立派な玉座が置かれている。
部屋の両脇には剣をささげ持つ騎士たちの像が並んでいた。

HANAたちは不吉な予感を抱いたが、この部屋を通り抜けなくては先に進めない。
警戒しつつ、部屋の中ほどまで来た時だった。
石のこすれ合う音とともに、立ち並ぶ石像がゆっくりと動き出した! 

身構えるHANAたちに向かって、命なき騎士たちがいっせいに襲いかかってくる。

剣を交えつつ、HANAは考える。この石像たちに何か弱点はないのだろうか?


この石像たちは王に近づく者に襲いかかるよう設定されているらしい。
そう考えたHANAは、石像たちの攻撃を防ぎつつ部屋の入口まで後退した。
案の定、石像たちはその動きを止め、再び壁際に戻って立ちつくす。

そのことに気づいてしまえば、後は簡単だった。
HANAは魔法や弓矢など、遠くからの攻撃で石像を破壊していく。
やがて、すべての石像は石くれへと姿を変えた。
危険は去った。

石の欠片のちらばる床に、動物のプレートがはめ込まれているのにHANAは気づいた。
ネズミ、(プレートがはがされている)、トラ、ウサギ、ドラゴン、(プレートがはがされている)、(プレートがはがされている)、羊……
プレートは全部で十二個だ。
なにかの暗号だろうか……?

意味があるとしても、この部屋ではできることがなさそうだ。
ダンジョンを探索しながらゆっくり考えてみよう。

ダンジョンの先へと進もう。


鼠=1 牛=2  虎=3 兎=4 竜=5 蛇=6 馬=7 羊=8 猿=9 鳥=10 犬=11 猪=12

ゴール地点の床には、今度は馬の形のプレートがはめ込まれている
我が階層より竜が出でて深部へと進み、(7+5)
竜の背より牛が出でて深部へと進み、(12+2)
牛の背より猿が出でて深部へと進み、(14+9)
猿の背より鼠が出でて深部へと進み、(23+1)
ただ一匹、その地(24F)にたどりついた幸運な鼠のみが宝を得る
  • at 20:24 
  • [パーティーバトル&ダンジョンβ:イベント
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ご案内

電力使用状況&電気予報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

マーケット情報

BOOK OFF Online

ブックオフオンライン

Twitter

右サイドメニュー

お宝部屋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。